☆風景街道「銀の道」 - トピック返信
新着返信
返信がありません
QRコード
備後国分寺にてお坊さんの説教
2017年05月30日 07:02

銀の道を歩く会-大森銀山から笠岡を目指す代官の旅-を、平成29年5月27-28日1泊2日の行程で実施しました。
そのうち、銀代官が行ったであろう2日目の行程を、5月28日に実施しました。その結果を報告します
朝早起きして結集した16人()であった。

二日目の行事の中で素敵であったのは、一番に訪れた備後国分寺にてお坊さんの説教
と、中を見せていただいたことでしょう。
午前中、出発地としたところ、その時間に合わせて、お坊さん(〇〇様)にお出まし
いただき、歴史的な背景、また、当時の情景をお話しいただきました。
国分寺は、741(天平13)年、聖武天皇が発した国分寺建立詔(みことのり)により
全国66州の国ごとに建立されています。

備後国分寺は1538(天文7)年の大内氏と山名氏による神辺合戦で戦火を受け焼失
し、1550(天文19)年に神辺城主・杉原盛重(すぎはら もりしげ)によって本堂が
再建されました。しかし1673(延宝元)年、大原池の決壊による堂々川の氾濫で諸堂
は壊滅し、寺観は荒廃してしまいます。1550(天文19)年に神辺城主・杉原盛重(す
ぎはら もりしげ)によって本堂が再建されました。
しかし1673(延宝元)年、大原池の決壊による堂々川の氾濫で諸堂は壊滅し、寺観は
荒廃してしまいます。そして、1694(元禄7)年、第4代福山藩主・水野勝種(みずの
 かつたね)が大旦那となり、今後の災害を避けるために元の位置より北側の山寄せ
に入母屋造りの本堂を再々建しました。、また、堂々川の氾濫のため、河川改修、土
砂止めの工事をしています。
依頼災害に見舞われることなく、現在を迎えています
ちなみに、寺域の南面には、古代の山陽道が通っていたほか、近世の山陽道である西
国街道が通っており、地理的にも重要な地点であったことがわかる。
この地点に立っていた道標が、隣接する下御領八幡神社に存知されている。二つある
柱のうちの一つには、左かみがたみち、右笠岡道、そしてもう一つには、左、きゅう
しゅう道、右石州道とある。銀の道として、代官も通られたことであろう。

〇備後国分寺

 国分寺は741(天平13)年、聖武天皇が発した国分寺建立詔(みことのり)により
全国66州の国ごとに建立された官寺です。国分寺には僧寺(そうじ)と尼寺(にじ)
とがあり、僧寺の正式名称を「金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうご
こくのてら)」、尼寺を「法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)」といい、奈良の
大仏で有名な東大寺を総国分寺としていました。当時の平城京は、736(天平8)年に
天然痘が流行り、740(天平12)年には藤原広嗣(ふじわらの ひろつぐ)の乱や自
然災害が重なり政情は不安定でした。そこで聖武天皇は、鎮護国家を説く「金光明最
勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)」の経義に基づき、国家の平安を祈
念するため全国に国分寺を建立させました。
 備後国分寺は1538(天文7)年の大内氏と山名氏による神辺合戦で戦火を受け焼失
し、1550(天文19)年に神辺城主・杉原盛重(すぎはら もりしげ)によって本堂が
再建されました。しかし1673(延宝元)年、大原池の決壊による堂々川の氾濫で諸堂
は壊滅し、寺観は荒廃してしまいます。そして、1694(元禄7)年、第4代福山藩主・
水野勝種(みずの かつたね)が大旦那となり、金穀(金銭と穀物)及び川北村の網
付(あみつけ)より木材を給付し、今後の災害を避けるために元の位置より北側の山
寄せに入母屋造りの本堂を再々建しました。このとき勝種は、1,520人もの人員を動
員したとされています。
 創建時の備後国分寺は、1972(昭和47)年からの4次にわたる発掘により、東側に
寺域を区画する溝が発見され、東西約600尺(約180m)の寺域であったと判明してい
ます。また、古代山陽道に面して南門があり、それを入ると東に塔、西に金堂(本尊
を安置する仏殿)、北に講堂を配置する法起寺式伽藍配置(ほっきじしきがらんはい
ち)であることがわかりました。
 国分尼寺は、国分寺から西へおよそ500mに位置する小山池廃寺であったと推測され
ています。小山池廃寺の創建は出土した瓦から白鳳期(7世紀末)と推測され、国分
寺が建立された天平期(8世紀中頃)と期を違えています。しかし、国分寺と同類の
瓦も出土されており、国分寺の建立と同時期に修復され、元の寺を国分尼寺に転用し
たのではないかと考えられています。現在でも小山池廃寺を国分尼寺とする明確な発
見はされておらず推測の域は出ませんが、国分尼寺の最も有力な候補です。

書き込みツリー表示
備後国分寺にてお坊さんの説教 - 17/05/30 07:02 (さいごくくん)