☆西国街道の旅の「6)ついに来た東寺(京都市西九条)」
「6)ついに来た東寺(京都市西九条)」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
6)ついに来た東寺(京都市西九条)
【閲覧数】51 【マップカテゴリ】西国街道
2017年06月28日 23:16
6)ついに来た東寺(京都市西九条)
西国街道とは、京都(東寺口)から大山崎、高槻など、淀川右岸を通り、大阪市内を経ないで西国(下関、九州まで)へ至る江戸時代の重要な幹線道路。
 近世から近代にかけて、幾多の人物が往来し、物資が流れ、情報や文化の伝播を担う動脈でした。
創建当時は羅城門をはさみ東に東寺、西に西寺が造られたが、今は空海が真言密教の根本道場とした東寺のみが残る。日本一の高さを誇る五重塔や金堂は全て国宝。弘法大師の命日である毎月21日は市で賑わう。

返信書き込みはありません。