☆神社・仏閣に参詣しましょうの「【物部神社】地域とのご縁を願いつつ、願い、かなうといいな」
「【物部神社】地域とのご縁を願いつつ、願い、かなうといいな」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
【物部神社】地域とのご縁を願いつつ、願い、かなうといいな
【閲覧数】40 【マップカテゴリ】神社参詣
2017年09月16日 05:52
【物部神社】地域とのご縁を願いつつ、願い、かなうといいな

物部神社
お参りしました
願い、かなうといいな

物部神社:石見国一宮:社殿背後は八百山
所在地:島根県大田市川合町川合1545
主祭神:宇摩志麻遅命
社格等:式内社(小)
創建:(伝)継体天皇8年(514年?)
本殿の様式:春日造変形

物部神社(もののべじんじゃ)は、島根県大田市にある神社。式内社、石見国一宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。

宮中でも行われる鎮魂祭を行うことで、石上神宮および彌彦神社と共に有名である。ただし宮中が行う11月22日でなく、11月24日に行われる。
祭神の宇摩志麻遅命が石見国に鶴に乗って降臨したとも伝えることから、当社の神紋は赤い太陽を背負った鶴の「日負鶴(ひおいづる)」となっている。また、宇摩志麻遅命は大日本帝国海軍の戦艦石見の守護神とされ、神像が艦内に祀られていた。この神像は後に当社へ奉納されている。


社伝によれば、饒速日命の御子の宇摩志麻遅命は、神武天皇の大和平定を助けた後、一族を率いて美濃国・越国を平定した後に石見国で歿したという。宇摩志麻遅命は現在の社殿の背後にある八百山に葬られ、継体天皇8年(514年?)、天皇の命によって八百山の南麓に社殿が創建されたと伝えられる。
神階は貞観11年(869年)に正五位下に叙され、同17年(875年)に正五位上に、元慶元年(879年)に従4位下に[1]、天慶4年(941年)に従四位上に[2]昇叙した。延喜式神名帳では小社に列し、石見国一宮として歴代領主の崇敬を受けた。
社家については、景行天皇の時代に物部竹子連が石見国造に任ぜられ、その子孫は川合長田公を名乗り代々祭祀を行っていたというが、文治4年(1184年)金子家忠が安濃郡の地頭として赴いたときに子の道美が取って代わって当社の神主となり、以降金子氏が代々の祭祀を行うようになったという[3]。戦前に金子氏は出雲大社の千家・北島両家や、日御碕神社社家(島根県出雲市大社町)の「小野家」と並び、全国14社家の社家華族(男爵)の一つに列する格式を有していた。

〇今年の神社寺院参詣

特:【物部神社】地域とのご縁を願いつつ、願い、かなうといいな
①【京 三十三間堂】千体の観音さん、いいですね
②【吉備津神社】行ってきました
③【出雲大社に御礼】鳥居のところにまず立つ。二礼四拍手一礼
④【益田 万福寺】万福寺の雪舟庭園、心が落ち着きます。
…以下、省略
【吉備津神社】備後吉備津神社、行ってきました

返信書き込みはありません。