☆風景街道「銀の道」の「2)赤名宿本陣」
「2)赤名宿本陣」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
2)赤名宿本陣
【閲覧数】45 【マップカテゴリ】街道紹介
2017年11月11日 18:53
赤名は、古くから出雲・石見・備後の国が国境を接し、人・物が行き交う要衝の地です。室町時代前半には石清水八幡宮赤穴別宮領に石見から侵入した佐波氏が、赤穴氏を名乗り「赤穴瀬戸山城」を築城。赤穴が赤名となった。赤名の宿は、江戸時代尾道宍道街道と銀山街道の交わるところ、宿場町として栄えました。特に、大森から尾道へ向かう運上銀・銅の荷継ぎにおいては、荷の受け渡し場所となり、助郷役として人夫、牛馬が集められました。赤名本陣跡、今は駐車場になってはいるが、屋根が、昔のレールを活用したもの、年代を感じます。

【おのみち地域SNS 風景街道「銀の道」】
http://onomichi-sns.jp/community/comm_map.php?bbs_id=232

返信書き込みはありません。