☆西国街道の旅の「4)上田流和風堂 (広島市西区古江)」
「4)上田流和風堂 (広島市西区古江)」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
4)上田流和風堂 (広島市西区古江)
【閲覧数】115 【マップカテゴリ】西国街道
2019年06月16日 08:13
4)上田流和風堂 (広島市西区古江)
上田宗箇流(うえだそうこりゅう)は茶道流派の一つで、芸州浅野家の家老であった上田家に伝わる武家茶道の一流。上田流とも。家元は広島市西区にあり、庵号は和風堂、財団法人として上田流和風堂、同門組織として和風会がある。東京遠鐘クラブという後援組織もあり、広島各地の他、東京・ハノーバー(ドイツ)に稽古場がある。
初代上田宗箇(上田重安)ははじめ丹羽長秀、のちに秀吉の配下となり、武勇で知られる武将である。茶道ははじめは千利休、ついで古田織部の門下であった。武人としてあまりに高名であるために、茶人としての逸話はあまり伝えられていないが、徳島城、名古屋城などの作庭や、茶杓、茶碗など手作りの茶器に逸品が多く文武両芸に秀でた人であったと考えられる。大坂夏の陣で一時竹藪に隠れていた折りに、美竹を見つけて茶杓を削りはじめ、あまりに無心に削っているため敵兵がかえって怪しんで逃げたという逸話があり、「敵がくれ」はこの時の茶杓と伝えられている。元和5年(1619年)浅野長晟に従って広島藩に移って以来、広島の地で維新や被爆を経て現在に至る。
広島市西区古江東町の上田流和風堂で始まった。
江戸時代、広島城内にあった上田家上屋敷を再現した

返信書き込みはありません。