2015年06月13日(土) 
最初に。
先月22日にありましたJR長崎線の駅で、特急列車同士が、あわや、正面衝突寸前のトラブル。
乗務員と指令センターの指令員との連絡体制の強化などの再発防止策を、JR九州でまとめたようです。
当然のことであり、これはメカに依存でなく、最後は現場の人の目での判断です。


昨日の永田町。
労働者派遣法改正案の衆院委員会採決が見送りに。
まあ、私と同姓同名の代議士さんが体をはってやっていましたが、どうやら、与党側より懲罰動議がでたようです。
一番ひっかかるのは、同一労働・同一賃金の法案が一部野党と与党の修正協議などにより、派遣法改正案の採決がしやすくなったという、内側の事情でかなりややこしくなっている点。
肝心なのは、働く側にとって最終的にどうなるかを、きちんと政治が説明をしなければ。法案の作る側の上から目線を感じます。



鳥取県の養護学校の看護師一斉辞職の問題。
実は当該の保護者の方に対し、ネットでモンスターペアレントとかかれたとか。
私は大変残念で遺憾なことです。
この問題は、学校、看護師、親御さんの3者の意思の疎通がしっかりしていれば問題がおきなかったのでは。
また、鳥取県議会では問題としては取り上げたものの、学校教育側からの話で出されているように見受け、客観的に県議会は物事をみていないように思います。
特定の個人や組織のメンツでなく、障害のあるお子さん第一で、やらなくては困ります。
千葉で同じようなことがおきれば、障害者条例により解決されると思います。
障害福祉に関わるものとしては、もうしばらく注視します。



12日の東京新聞朝刊社会面より。
改正道路交通法により、運転免許の75歳以上の方への認知症機能検査強化が含まれます。
同時に免許証返納や更新ができない場合の高齢者の足である、公共交通をどうしたらいいのか、という記事がありました。
私は今では車移動に時間がほとんどである生活でありますが、もし、車がない生活になったらどうするかも考えています。
木更津や富浦の八束では、住民グループの自主的な送迎車両があります。
そういった事例を参考に、どういうネットワークをつくっていくべきかを考える必要があります。
補助金目当てや、単なる役所の実績のための公共交通では無意味。それと関係の業界からの圧力まがいも、全くの地域のメリットにならないです。

閲覧数550 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2015/06/13 00:54
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に常に探求心と現場主義。平成元年・国内旅行業務取扱…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み