2017年06月12日(月) 
あけて12日は新聞の朝刊は休刊ですが、このタイミングで出来事が展開することはあるように思いますが。
なんか、今週も動きというかヤマ場のようなことが。


すでに報道の通り、国会の方では加計学園に関わる問題次第によって、動向が左右すると。
もちろん、次週告示の東京都議選にも影響するでしょう。都議選は加えて、市場の問題も。

獣医師さんに関わる話題はこれも報道で耳にされているとは思いますが。
いわゆる街中の動物病院の獣医師さんは人材は確保はされているようですが、行政の公務員獣医師さんはなかなか、地方によっては確保に苦労されているようです。
人材教育にいたっては、拠点となる大学をむしろ集約して、質の向上を図るという獣医師さんの世界でのコンセンサスといわれているようです。

その上で、今回騒動になっている問題。
地方の声として、大学の誘致は切実な問題であることは理解できます。しかし、具体的にどういう分野で、どう取り組むか、つまり、目的達成の方向が、見えてこない点。つまり、その地方にとってのメリットが明確でないこと。
それと、顔見知りの限りで動いている点。疑いの目で見られるのは仕方がないと思います。それを払拭するためには、国家戦略特区の手続き・流れが、フェアであったかどうか。
その手続き・流れの中で、業界分野の抱えている課題・ニーズというのが考慮がされているのかどうか。
もちろん関わる当事者の責任も。

以上のことが、はっきりしなければ、もしかしたら、平成元年の当時の消費税導入やリクルート事件のような、不信感が確実に増してくると想像します。

納得できる説明責任がなければ厳しいでしょう。

閲覧数896 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/06/12 00:46
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に常に探求心と現場主義。平成元年・国内旅行業務取扱…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み