2018年06月10日(日) 
今から2時間前、9日22時すぎ、東海道新幹線の新横浜から小田原を走行中の下りののぞみの車内で傷害事件が。
3人がけがをし、うち重体だった1人が亡くなり、被疑者は20代の男性で、小田原駅で身柄を確保したようです。
まだ、捜査中のため、東海道新幹線の下りは、全く列車は動いていないようです。
捜査の結果を待たなくてはなりませんが、あらためて、公共交通機関のセキュリティが問われます。



9日の午前中、内房線の竹岡から浜金谷の樽山トンネルから丑山トンネル付近で、倒木が。走行中の列車の先頭車両に被害があったようです。
富津市内の内房線の区間は、自然災害で泣かされた経緯があります。
メンテナンスのサイクル、つまり、徒歩巡視実施がまた回数が減り、モニター画面での確認でやろうとしていますが、まさに安全に対して気持ちがないこと。
株主総会が控えていますので、この点は株主の方は正すべきです。
安全に対する低下は、企業に対する評価をさげることと同じ。駅ナカに対する評価が良くても、肝心の本業で質を落とすような施策は、だれも評価をしないです。
JR西日本とは別とおもったら大間違いであります。

閲覧数192 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/06/10 00:25
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に常に探求心と現場主義。平成元年・国内旅行業務取扱…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み